土地活用相談所

土地活用相談所
土地を有効活用に使って安定収入したい!とお考えの方へ

田舎で土地活用のアイデアを5選紹介!安定収入を目指せる

田舎の土地はアイデアで安定収入

田舎で土地を所有していても活用方法が見つからず、放置された状態が多くみられます。

  • 雑草が生えていて活用方法が見つからない
  • アパートやマンション、駐車場経営したら赤字は確実
  • 立地が悪く、使う用途がない

田舎の土地では代々受け継いできたものが多く、引き継いだが活用方法が見つからない、という所有者が多くいます。

都心部や市街地に比べるとアパートやマンション、駐車場などの経営は非常に難しく経営はオススメできません。

しかし、田舎ならではの活用方法をすることによって、人が訪れるようになってきたりします。

そこで今回は、田舎で土地活用のアイデアを5選ご紹介します。

田舎にお住まいの方、または田舎に土地を所有されている方は必見です。

田舎は地形の影響で土地活用が難しい

田舎では市街地などとは異なるため、アパートやマンションなど人がいないと運営できない活用方法は不向きです。

そのため設置しているだけで一定な収入が見込める方法と考えていく必要があり、アイデア次第では田舎でも月に数百万ほどの利益となるものもあります。

田舎なら田舎なりの土地活用方法はありますので、是非参考にしてみてください。

田舎で土地活用のアイデアを5選紹介

田舎の土地活用は周りに同じ事をしていない方が集客しやすい傾向ですので、アイデア勝負という部分があります。

自動販売機経営

自動販売機で土地活用

自動販売機は道路に面した狭い土地があれば行うことが出来ます。主な経営方法は2つあり、自動販売機を購入して経営する方法と、ドリンクメーカーからレンタルする方法などがあります。

自販機をレンタルする方法は、ジュースの補充や管理面など全て飲料メーカーのスタッフが行ってくれますが、利益がお小遣い程度となり、非常に少ないです。しかし、独自経営よりも堅実という理由からレンタルする方法の方が人気となっています。

田舎で狭い土地でも始めやすいですが、収入が少ないことがデメリットです。

資材置き場

資材置き場で土地活用

田舎の土地でも運送業者や建設会社に資材置き場として貸し出す事によって、定期収入が見込めます。

資材置き場の場合、建築や舗装する必要がほとんど無いので、すぐに利用してもらえることが出来ます。資材置き場なので数百坪の土地が必要となります。

看板設置

田舎で看板設置

田舎の休耕地などを活用して看板設置などもあります。

よく新幹線に乗っていると田畑に看板設置している風景をみることがあると思いますが、看板設置することで定期収入があります。

太陽光発電

太陽光発電で土地活用

田舎での土地活用として太陽光発電は様々なエリアで行われていて、代表的な活用方法になります。

初期投資は数千万とかかりますが、約10年弱で回収することができるといわれています。

使われていない田畑などの土地を活用して太陽光発電を設置、そして電力会社に売電することで収入は入ってくる仕組みになります。

土地の形状は変形地や斜度がある土地でも活用することが可能です。

キャンプ場

2020年頃から急上昇しているのはキャンプ場です。

田舎との相性も良く、キャンプ場運営を始めて数か月で月300万円以上の売上があるところもあります。

特に田舎でキャンプ場はアツい

コロナ禍によって生活スタイルは大きく変わりました。

その中で右肩上がりになっているジャンルがあります。それがキャンプ場です。

キャンプ場は少ない資金から始めることができ、ブームになっている今、集客しやすい傾向です。

 

PAGE TOP