土地活用

土地活用相談所
土地を有効活用に使って安定収入したい!とお考えの方へ

安定収入に期待できる土地活用方法11パターンとは?

土地活用で安定収入

何も使っていない土地や有効活用できていない土地、もったいないですよ。

遊休地でも毎年固定資産税を支払う必要があり、有効活用しないと税金を納めているだけとなり、非常にもったいない状態です。

そこで土地活用をオススメします。

 

土地活用は、場所によって活用方法は様々あり、最適な活用方法を行う事で大きな収入となる事もあります。まずは、主な土地活用方法の種類をご紹介いたします。
最適な土地活用を相談

初期投資が少なく気軽に行える土地活用

1.自動販売機経営

自動販売機で土地活用

自動販売機は道路に面した狭い土地があれば行うことが出来ます。主な経営方法は2つあり、自動販売機を購入して経営する方法と、ドリンクメーカーからレンタルする方法などがあります。

自動販売機を購入して経営する方法は、独自の価格設定可能な事や飲料メーカーが混在しても販売することが出来ますが、全て独自経営になるので赤字となる場合もあります。

自販機をレンタルする方法は、ジュースの補充や管理面など全て飲料メーカーのスタッフが行ってくれますが、利益がお小遣い程度となり、非常に少ないです。しかし、独自経営よりも堅実という理由からレンタルする方法の方が人気となっています。

  • 道路に面した狭小地で可能
  • 首都圏や郊外・田舎など、場所問わずで設置可能

→自動販売機設置の土地活用を詳しく見る

2.駐車場経営

駐車場経営で土地活用

駐車場経営は、ビルなど建築物が無くても発券機を設置する程度ですぐに土地活用することができ、市街地や首都圏で人気となっている土地活用方法です。初期投資が少ないので利回りも10%と高いです。運用方法も一括借り上げを行ってもらうと、管理は全てお任せできるので、手をかけずに賃料収入となります。

  • 広大な土地
  • 首都圏や市街地で可能
  • 建築物が無いので、すぐに土地活用できる

→駐車場経営の土地活用を詳しく見る

3.自転車・バイク置き場

自転車・バイク置き場で土地活用

駐車場ほどのスペースが無い場合、自転車やバイク置き場への土地活用がオススメとなります。自転車やバイク置き場は、市街地や首都圏の駅近くや車が通れないような道沿いの土地で活用されることが多いです。

  • 土地まで車が通れない場所
  • 首都圏や市街地の駅近く

4.資材置き場

資材置き場で土地活用

市街地郊外や土地周辺が田んぼや畑の土地を建築会社などに資材置き場として利用してもらう方法があります。

資材置き場の場合、建築や舗装する必要がほとんど無いので、すぐに利用してもらえることが出来ます。資材置き場なので数百坪の土地が必要となります。

  • 市街地郊外の土地
  • すぐに土地活用へ利用可能
  • 数百坪の土地が必要

→資材置き場や工事事務所として土地活用

5.トランクルーム経営

トランクルームで土地活用

 

道路に面したところであれば、駅近くなどの利便性が高いところで無くても、トランクルーム経営を始めることが出来ます。トランクルームもコンテナボックスを基準に建築するので、マンションやアパートよりもコストも抑えることができ、数か月で運営開始することができます。

  • 道路に面したところであれば可能
  • コストも抑えて運用できる

大きな安定収入が見込める土地活用

6.太陽光発電

土地活用なら太陽光発電

太陽光発電設置は、初期投資は数百万から数千万とかかりますが、約10年弱で初期投資が回収できると言われており、特に田舎や郊外で人気となっている土地活用方法です。

使われていない田んぼや畑などの遊休地にソーラーパネルを設置して、電力会社へ売電することで収入が入ってきます。土地の形状も変形地や斜度がある土地でも活用することが可能です。

  • 日当たり良好な土地
  • 変形地や斜度がある土地でも可能

7.アパート経営

土地活用でアパート経営

駐車場数台分の小さな土地でもアパート経営することが可能です。アパートは人気物件となると空室が無くなる事で、一定の安定収入となります。アパート経営だけで生活できている人もいるほど、土地活用の代表的な方法になります。市街地や首都圏の駅近くや大学や大きな工場近くなどは、特にアパートが必要となります。

  • 人気物件となれば安定収入
  • 駅近くだけでなく、大学や大きな工場近くの土地でもアパート経営可能

8.マンション経営

土地活用でマンション経営

マンション経営は、数百坪の広大な土地が必要となり、特に駅近くなど利便性が高い土地にマンションを建てると人気物件となる事があります。しかし、建築基準法など厳しい審査をクリアする必要がある為、不動産業者などのプロに相談することをオススメします。土地も整備してから建築となるので、収入が入ってくるまで数年かかる場合があります。

  • 駅近くなど利便性が高い土地
  • 収入が入るまで日数が掛かる

9.コンビニ経営

土地活用でコンビニ経営

首都圏でなくても市街地や田舎で数百坪の道路に面した土地があればコンビニ経営は可能です。また、土地オーナー様がコンビニ会社へ委託・管理することも可能です。

  • 道路に面した土地

10.高齢者住宅経営

土地活用で老人ホーム

首都圏や市街地郊外、田舎エリア関係なく、一人暮らしの高齢者は年々増えており、高齢者住宅が必要となっています。最近では古民家を活かして高齢者住宅としているところもあり、低コストに抑えてスタートすることも可能です。

  • 古民家を活かして運用することも可能

11.商業用ビルやショッピングセンター

土地活用でショッピングセンター

市街地や首都圏に土地がある場合、商業用ビルやショッピングセンターなどに土地活用することで、大きな家賃収入が入ってくることが可能です。土地の整備や建築してから利用開始までの日数、建築基準法に準じた建築物が必要となるため不動産のプロへ相談が必要となってきます。

  • 首都圏や市街地の広大な土地
  • 土地活用するまで日数が必要

まとめ

いかがでしょうか?土地の敷地面積や形状、場所によって活用方法は様々あることが分かります。最適な土地活用を行わないと、赤字経営や何年経っても資金回収できなかったりするリスクも発生してきます。

遊休地や土地の有効利用をお考え中の方は、土地活用のプロに相談することをオススメします。
最適な土地活用方法を相談してみる

PAGE TOP